1鍼灸治療の話 2奈良県十津川村の地元ネタ 3ゲストを招いてFree Talkなど

iTunesで無料購読itunes.png     他のアプリで無料購読rss.png

ご意見、ご感想、その他ご連絡はメールでお送り下さい。コメントも可



湯元郷治療院ホームページはこちら 治療院の情報やニュースを随時更新

2015年03月28日

第22回 みんなの疑問、自律神経って何?



1.雑談
十津川村GO!!
路線バス無料キャンペーンが来年3月末まで1年間延長します。
是非とも私の故郷十津川村へお越しください。

2.自律神経と言えば皆さんが思い浮かべる自律神経失調症。
自律神経とは何?
自律神経とは
内臓、血管など、随意的に動かすことの出来ない器官に働きかける専門家。
簡単に言うと自分でコントロールできない部分で自律神経は一生懸命はたらいていて
全身くまなく作用し、我々が生きていく上で必要な働きを担っているものと言える。

自律神経は大きく分けると
交感神経
副交感神経に大別される

生活の中で交感神経優位になる事が多い。
ストレスなどが交感神経を優位にさせます。

鍼灸は自律神経にアプローチするのが得意
例えば交感神経が優位になっている人に対して、
心地よい刺激を与え副交感神経の働きを優位にします。
健康維持のために鍼灸治療は絶対お勧めです。



posted by kenta at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | podcast

2015年03月21日

第21回 ガンが好きなアニサキス、その他ストレッチについて


初めに
喘息を患ってしまい咳が多く聞き辛かったかもしれません。

雑談
500円フィットの話
よく頑張った私の車。
もう限界です。
ABSの警告ランプが消えません。。。

アニサキスはガンが好き?
人間の尿1滴からその人がガンを患っているかどうか判断できる。
このような実験結果を元に早期発見の確率がグッと良くなりそうです。

この実験に使われたのが線虫<アニサキスの仲間>
まさに虫の知らせと言えますね。
更なる研究が進むことを願います!!

ストレッチについて
前回の職業と腰痛の関係についての続編。
ストレッチもいいけど、鍼灸マッサージも腰痛予防にはもってこいですよ。

追記
朝の体操だけかと思いきや、寝る前のストレッチについて紹介されていました。
寝る前10分のストレッチで健康的に。

訂正
朝のNHKラジオ体操→みんなの体操
良い習慣として実践されてみては?
posted by kenta at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | podcast

2015年03月16日

第20回 職業と腰痛について


雑談
ビーグル犬について


本題
 職業と腰痛。
昨年の2014 6/18厚生労働省労働基準局よりお達しが出ております。
この改訂により明記されているものは各職業に就く人への
腰痛予防対策に非常に有効なデータで、鍼灸師も
しっかりと把握しておれば良いアドバイスができる等腰痛予防に一役かう
事が出来ると思います。
残念ながら鍼灸治療を取り入れるなどのデータは見当たりませんでしたが、
今後鍼灸を知ってもらって職業性腰痛が減らせることとなれば
未来は明るい!
例えば社会福祉施設に鍼灸師を派遣して腰痛予防に一役かう様な事が出来れば
きっと良いデータが出るのではないか?


実に19年ぶりの改訂。なぜ?
腰痛の好発する職業が変化してきた事が19年ぶりの改訂に繋がったのでは?


社会福祉施設では、単独作業中に移乗動作において腰痛がかなりの確率で発症します。要するに、手助けなくトランスファーがきつい。

この腰痛の発症要因もしっかりと分類されて明記しています。
動作要因、環境要因、個人的要因、心理、社会的要因
前回ストレス性の腰痛について話しましたが、職場の対人ストレスも
この腰痛予防対策指針に明記されています。


具体的な腰痛予防に関しては体操を勧めている。
ストレッチ体操です。

その他、腰痛予防の対策としては僕は初めて知った事があって、
重量物を取り扱う際の法令基準があった事。

その中には、女性や年少者に対する基準がある。
例えば18歳以上の女性は断続的な重量物運搬であっても30キロ以上の重量物は
持ってはいけないとされています。30キロ?結構重たいぞ?
職業的に女子プロレスはどうなんだろう??
労働基準に違反した場合は色々面倒なことになりそうなので、事業者の
方々はくれぐれもお気をつけ下さい。

posted by kenta at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2015年03月08日

第19回 鍼灸治療と腰痛について


お詫び_mp3変換ソフトに不具合が生じ、先にアップデートした音声ファイルが途中で途切れてしまいました。
先ほど編集が完了しましたので新しいファイルをアップロードいたします。


@雑談
あまご釣りは散々な結果に終わりました。。。
風邪もひいているようでのどの調子がいまいちです・・・

『黄金の右腕にしてほしいんや・・・』
大阪で治療院をしていた時の話題です。
はりきゅうでパチンコに勝つことはできませんよ

A腰痛に対する鍼灸治療
腰が痛いんやけど鍼して治るか?
腰が疲れているみたいやけど鍼って効くか?
腰痛を予防するのに鍼っていいの?

腰痛に対する鍼灸治療は日常的に行われています。
腰痛を診ない日は無いと言っても過言ではありません。

一言で腰痛と言っても種類があります。
急性、慢性、内臓疾患など。
まずはその異常を調べる必要があります。

わかり辛い表現でしたのでこちらに訂正いたします
厚労省調査では約2800万人近くが腰痛に悩んでいる。<全国推定>
そのうち原因不明のものが約80パーセント。
ストレスなど心因性などと言われるものがある。仕事上のストレスや家庭のストレス、人間関係など。
60代から40代 の半数近く、40パーセントが悩んでいる。
水面下ではもっと多くの人が腰痛に悩んでいるのでしょう。

ストレスで腰痛になるって言っても何故なのか?
下降性抑制系
自律神経の不調など

まず大切な事は病態の把握。原因がはっきりしないのであれば局所ばかり見ずに生活習慣などから見直す。
最近では心理的なアプローチで生活改善などを行い治療することも増えているようです。
鍼灸治療ではどのような事をするのか?
東洋医学の考えでは病態の把握も大切なのですが、やはり病態だけに捉われず患者さん全体を見ていかないといけないと思います。
心因性の腰痛は鍼を刺すだけでは効果を得られないことが多いです。
ですので、四診をしっかり行って生活習慣の改善や不安を取り除く事も重要になるでしょう。東洋医学の観点から病態だけにとらわれず患者さん全体像を捉えてみると意外なところに解決策があるかもしれません。

また、普段からストレスに打ち勝つ精神力や体力を備えておく必要があるのかな?
でも腰痛に悩むようになってしまったら一人で悩まず、しっかり見てくれる病院や治療院をさがしてみましょう。
しっかりと話を聞いてくれる所を探しましょう。
痛みや悩みを話すことで、治療も加えることによりスッキリ楽になるという事は治療経験上よくみかけます。


posted by kenta at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2015年02月27日

第18回 渓流釣りの魅力


鹿に車が当たる寸前から始まります。
奈良県十津川村を縦走する国道168号線。
夜間走行時には動物の飛び出しに要注意してください。

今回は渓流釣りの話で終わりました。趣味のお話です^^
十津川村の釣り情報など質問頂ければお答えしますよ〜
posted by kenta at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | podcast

2015年02月21日

第17回 東洋医学『虚実』


1、雑談
昔の人を想う
吊り橋の旅に行っていて思うのが、田舎の生活って昔はどうだったのだろうかと。。。
先日松柱という集落から山を下ったところに吊り橋があると聞いていたので斜面を下って行ったんです。そこにあった吊り橋と、当時の小学生の気持ちを思うと。。。すごいとしか言いようがありません!! その時代、体育の時間が松茸狩りの日があったと聞きました。

十津川村の吊り橋制覇はゆっくりと地道にやっていきます。。。

2、虚実について
東洋医学のお話って西洋医学の考え方からすると突拍子もないような考えがあったり、古臭いようなイメージがあるのですが、昔の人は偉かったという今日の雑談に続いて、昔って今のような薬が無かった訳で、厳しい自然に体を痛めつけられて病気になる人も多かった事でしょう。
しかし、それを乗り越えるために漢方薬を飲んだり、お灸を据えたりしながら伝統的な療養を続けて現在に至っているわけで、西洋医学の効果や実績は素晴らしいものがあるのは確かですが、その裏には東洋医学や民間療法の歴史があった事を忘れてはいけないと思うわけです。今後は再生医療が発達して長生きできる時代がやってくると思います。
長生きしても気持ちが満足できておれば良いのですが、長生きだけが本当の幸せなのでしょうか?逆に昔ながらの自然的な考え方の治療法にも目を向ける人が多くなっていくような気もします。

東洋医学では
人間は一人一人個体差、特徴がある。
東洋医学の観点ではその特徴を見て証というものを立てていきます。
証とはその人の体の状態を見て体力、気力などをタイプに分類していって治療に応用します。


虚証の人
本来持っている生命力が弱くて自身の機能が低下している状態

実証の人
生命力が強く壮健な人が外からの外邪とよばれるものに侵されて不健康になっている状態
邪の説明 風邪、湿気、細菌、飲酒、悲しむや怒るなど負の感情

上記のバランスが取れていれば健康な中間型と言えるのではないでしょうか。
だからバランスを崩さない努力が必要ですね。

さてあなたはどちらのタイプでしょうか?


1虚証の特徴
顔色 青白い黄色い、やる気が出なく倦怠感がある、寒がって四肢が冷える、すぐに汗をかくとか寝汗がある自汗や盗汗という。

2実証の特徴
顔色が赤く、疲れにくい、汗をかきにくい、病状が急に悪くなる、熱がるなど。風邪をひいたときなども実証の状態になります。

3この双方でもない状態の人は虚実混合型

どうやって養生すればいいのか??
虚証の人・・・気を取り入れないといけない。気は食事から、呼吸から得られるものなので、栄養などをうまく摂取しなければなりません。慢性的な疾患になりやすい体質なので慌てずゆっくりと生活習慣を変えていくなど必要です。上記の通り冷えに弱いので夏場はクーラーなどに気をつける事など。鍼灸治療では補法といって、お灸やソフトな刺激をすることが多いです

実証の人・・・このタイプの人は疲れを感じないタイプが多いので症状が急激に強く出る事が多く思います。知らないうちに風邪などの外邪と呼ばれるものが入り込んで知らないうちに病状が悪化することから予防には気をつけましょう。マスクなど。鍼灸治療では瀉法という強い表面的な鍼治療をすることが多いです。

結局は未病治と言われるように病気にならないように気をつけておくことが重要で、普段から体調を専門にみる人に定期的に見てもらうことが大切だと思います。未然に病気を防ぐ!これが鍼灸治療は得意だと思っていますので自己流の健康法も良いですが、専門的に診てもらって、体を知って実践していくのがいいと思います。
posted by kenta at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東洋医学

2015年02月14日

第16回 低温やけど 


1、雑談
前回の間違い釈明。。。
どんな木でも割れる楔をゲットしました。恐ろしいパワーです。
斧要らんやん、、、って程何でも割ってしまいます。
でも斧は割れた時気持ちいいし、手返しが良いので効率が良いということで手放せませんね。
時々研ぎ直して愛用しています^^


2、この季節に要注意!低温やけどについて
低温やけどってどんな状態?
皮膚に当てても直ぐにやけどとならないものでも長時間当てることによりやけどを起こす場合があります。
皮膚は表皮⇨真皮⇨皮下組織<脂肪層>という層に分かれていている。
低温やけどは皮下組織まで障害される場合が多い。
理由血流が悪いから。

原因となるものは?
カイロ、湯たんぽ、パソコン、電気毛布、こたつ、ホットカーペットなど。
僕が見る中では湯たんぽが圧倒的に多い。次いでカイロですね

低温やけどになる条件
44度で約6時間、50度で3分皮膚に密着させると発生する。
以外と低い温度でも発生するんですね〜。
私の場合は泥酔状態でやっちゃいました・・・・

こんな人は要注意
冷え性の人、老人、糖尿病、寝たきりの人、泥酔者、赤ちゃんなど。

分類
1度から3度熱傷がある。

治療について
ひどい場合は皮膚を移植する場合がある。
保存療法は湿潤療法がオススメです。
消毒もしない、ガーゼも当てない。
ワセリン塗ってラップ巻けば良い<安い> プラスモイスト<高い>
毎日貼り替えて水道水で洗う事。
大きなやけどは病院で管理してもらうようにした方が良いという事です。

ちなみに僕は低温やけどは自分で治しました。
二度熱傷、見事に跡が残っています。。。

ご意見ご感想はメール、もしくはコメント欄で^^




posted by kenta at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康